ガレット・デ・ロワ

Galette des Rois

楽しいお菓子

 「王様のお菓子」という名のガレット・デ・ロワは、一年の幸せを占うお菓子。
丸いガレット・デ・ロワを人数分に切り分けて、フェーヴ(人形)の入った一切れが当たった人は一年間を幸せに過ごす事ができると言われ、また王冠をかぶり一日の王様として振る舞えます。

ご家族やグループでガレット・デ・ロワを囲んで『フェーヴ』と『王冠』の行方をめぐってワクワクすること間違いなし!
みんなで楽しんでみませんか。

  • パイ生地の中にアーモンドクリームをたっぷり詰めたお菓子です
  • アーモンドクリームの豊かな味わいは心を暖め、またアーモンドは栄養たっぷりな事から冬に食べるのは理にかなった昔からのお菓子です

税込¥2,106-(直径15cm)
紙製王冠つき

【販売期間】6日間のみの限定販売
 2017年12月31日,
 2018年1月2日-3日,1月6日-8日

ご予約をお勧めします!

 ガレット・デ・ロワは、16世紀フランスの教会で生まれました。ガレットの中に一つだけ入ったフェーヴ(そら豆)が当たった人がその年の祭司になれました。現代では、キリスト教の祝日である1月6日の公現祭を祝うフランスの伝統的お菓子になり、「そら豆」は小さな陶器の人形やアーモンドに代わりました。
 フランスでは、新年を祝うために欠かす事のできないものとなっています。フェーヴが当たった子供は、王冠をかぶり誇らしげに遊びまわっています。

さあ、どんなフェーヴが入っているかお楽しみに。
お召し上がりの際、菓子の中に入っているフェーヴには十分ご注意ください。